2018年3月31日土曜日

第30回横浜南部地区放射線技師会総会のお知らせ


会員各位

第30回横浜南部地区放射線技師会総会のお知らせ
規約第 8 条に基づき下記の要領で総会を開催いたします。また平成30年度は役員改選年度にあたります。自薦・他薦は問いませんので4月13日(金)までに当 会事務局(済生会横浜市南部病院 松田)まで御連絡下さい。総会に欠席される方 は事務局へ委任状提出願います(郵送〆切りは 4 月 14 日(土)。なお当日は総会に 引き続き、平成30年度第1回勉強会および懇親会を予定しております。
委任状はここ

日時:平成 30 年 4 月 21 日(土)14:30 受付開始
会場:ウィリング横浜5階503室(上大岡)

◎総会(規約第 8 条)15:00~15:30 ・ 議事
1 平成29年度事業経過報告
2 平成29年度会計報告
3 平成29年度監査報告
4 平成30年度事業計画(案) 5 平成30年度予算計画(案) 6 役員改選

7 その他


◎勉強会 15:40~16:40
 講演「医用画像における人工知能」
           帝京大学大学院医療技術研究科 教授 古徳 純一 先生

◎懇親会 17:00~
会場 寿司居酒屋「七福」(上大岡店)
会費 4,000円 ※準備の都合上、懇親会に参加される方は
4月10日(火)までに必ず FAX またはメールにて事務局まで申込ください。
FAX用紙はここ

お問い合わせ 横浜南部地区放射線技師会 事務局
〒234-8503 横浜市港南区港南台3-2-10
済生会横浜市南部病院 中央放射線部 松田宛 Tle:045-832-1111(内線 260) Fax:045-832-8335
Mail: matsuda-hideto@jcom.zaq.ne.jp

2018年3月4日日曜日

第29回横須賀三浦・横浜南部地区放射線技師会合同勉強

昨日(3/3土)はヴェルクよこすかで第29回横須賀三浦・横浜南部地区放射線技師会合同勉強でした。
この勉強会は年に1回の合同勉強会で60名の参加者ということでした。昔と言ってはいけないと思いますが100名ほどの参加者があったと記憶しています。もっと多くの参加者となるように頑張っていきたいですね。さて、とても暖かい日で天気に恵まれました。
松村横須賀三浦地区放射線技師会長の挨拶から本会はスタートしました。
「Dual EnergyCTの初期使用経験」ということで横浜栄共済病院の江上さんが発表してくれました。Dual EnergyCTとは?から始まり、各社のやり方のおさらい、自施設の数ヶ月の現状を話していただきました。会場からも多くの質問がありました。
HDモードと通常モードの違いは?管球の耐用年数は?DEモードで撮影するのはどれくらいの割合?など関心の高さが伺えました。「頭部CTAの検討」ということで横須賀共済病院の木下さんが発表してくれました。注入rate一定から、注入時間を一定にすることで(秒3から秒5の間)で画質改善が見られたということでした。またトラッキングの位置を大動脈に置いたということでした。今後はより精査して、当直業務にこの方法が応用できるようにしたいということでした。とても良い試みだと思いました。
「高位脛骨骨切り術後における金属アーチファクト低減アルゴリズムと仮想単色X線画像の検討」ということで横須賀市立市民病院の高野さんが発表してくれました。現状はMARという金属アーチファクト低減ソフトを使っての画像を採用しているが、VMI(仮想単色X線画像)を使いたいということでした。
「放射線科での待ち時間による苦痛軽減」ということで、横浜南共済病院の西条さんが発表してくれました。接遇に関してすごく興味があって、接遇の研修をしているということでした。これはとても素晴らしい取り組みです。講師はメーカの方にお願いしたり、自分たちで資料を集めて、時間外に研修しているということでした。受付に待ち時間を表示(大体の)をする試みも素晴らしいと思いました。
「NCC−RAシャント 心臓MRIで見えてくるもの」ということで横浜南共済病院の中島さんが発表してくれました。QP/QS(肺体血流比)が1.5以上だと手術対象ということでCINE PCを使って求めていました。シネMRIでシャントよるジェットを確認できたり、様々な角度から病変を解説してくれました。
最後は「(NATIVE)-SPACEを応用した新しい非造影MRAの手法!?“BASARA”」ということで、横須賀市立市民病院 加々美さんが発表してくれました。心電図同期のVFAFSE(STIR併用)を用い、拡張期の画像にて、TEを延長させることで動脈有意な非造影MRAを得る発表でした。脂肪抑制を使ったFLAIRで水抑制をした、こういったMRAができないであろうか?T2 Prepをもし付加できればより良い効果が得られないか?などを質問させていただきました。
勉強会後の挨拶は横浜南部地区の泉会長でした。

とても多くの質問があったのですが、中堅、若手からの質問が少ないことが少し寂しいと思いました。次回も皆さん宜しくお願いします。


2018年2月3日土曜日

懇親会のお知らせ

研究会終了後、懇親会を開催します。 情報交換の場としてお誘いあわせの上、事前登録を忘れずにご参加下さい。

会場 : 日南市じとっこ組合 横須賀中央店
神奈川県横須賀市若松町 2-7 ミウラビル 2F

会費 : 4000 円
時間 : 18:00~20:00

当会会員で懇親会参加ご希望の方は、まとめて申し込み致しますので2月9日(金)までに総務 松田までメールにて申し込みください。
E-Mail matsuda-hideto@jcom.zaq.ne.jp

期日に余裕がございませんが、よろしくお願い致します。




PDFは


2018年2月2日金曜日

第29回 横須賀三浦・横浜南部地区放射線技師会合同勉強会 ご案内

会員・賛助会員各位

PDF版はここ

日 時   2018年 3月 3日(土) 
       15:00~17:30 (受付開始 14:30~)
会 場   ヴェルクよこすか 第1会議室
会 費   無料
演 題
1.『Dual EnergyCTの初期使用経験』
横浜栄共済病院 江上 桂 氏
2.『頭部CTAの検討』
横須賀共済病院 木下 翔 氏
3.『高位脛骨骨切り術後における金属アーチファクト低減アルゴリズム
と仮想単色X線画像の検討』
横須賀市立市民病院 髙野 雄介 氏
4.『放射線科での待ち時間による苦痛軽減』
横浜南共済病院 西條 美里 氏
5.『NCC−RAシャント 心臓MRIで見えてくるもの』
横浜南共済病院 中島 義人 氏
6.『(NATIVE)-SPACEを応用した新しい非造影MRAの手法!?
“BASARA”』
横須賀市立市民病院 加々美 充 氏
 
※勉強会終了後、懇親会(事前登録制)を予定しています

勉強会 会場 ここ 
ヴェルクよこすか(勤労福祉会館)
横須賀中央駅 徒歩5分
横須賀市日の出町1-5
 

2017年12月26日火曜日

平成29回横須賀三浦・横浜南部地区合同勉強会 演題募集

平成29回横須賀三浦・横浜南部地区合同勉強会を下記の要領で開催します。
今回もテーマを決めず『フリー』(一題20分 質議応答込)で募集いたします。
皆様から多数の応募をお待ちしております。

期日:平成30年3月3日(土)受付14:30 勉強会15:00~17:45
場所:ヴェルクよこすか第一会議室
応募〆切:平成30年1月5日(金)
多数の御施設からの演題をお待ち申し上げます。
応募御希望の方は事務局までご連絡ください。
事務局 済生会横浜市南部病院中央放射線部 松田宛 ☎045-832-1111内線260
E-Mail matsuda-hideto@jcom.zaq.ne.jp

2017年12月10日日曜日

横浜南部地区放射線技師会平成29年度第3回勉強会・忘年会

昨日横浜南部地区放射線技師会平成29年度第3回勉強会・忘年会でした。師走の中、多数の方が参加くださいました。ありがとうございました。
















学術の小畑理事の司会のもと、会長不在でありましたので南共済病院の狩野副会長が挨拶を行ないました。

















1.「立位 X 線撮影における医療安全対策」 
済生会横浜市南部病院 木本さん 
















2.「磁場強度の相違が VSRAD の Z 値に与える影響についてーVSRAD の基礎も含めてー」 
横浜栄共済病院 大山 さん 

















3.「Dose tracking system(DTS)を用いた経皮的冠動脈形成術後 の皮膚障害に関する検討」
横浜南共済病院 井上さん氏 


















4.「慢性血栓閉塞性肺高血圧症における肺血流シンチグラフィを用いた主肺動脈の推定」横浜市立大学附属病院 伊澤さん

















とても素晴らしい演題群で多くの質問が出て良い情報交換ができたと思います。
















後に神奈川県放射線技師会から創立70周年記念大会2.4/2018の案内が行われました。盛りだくさんの内容になっているので是非参加くださいということでした。この後に行われた忘年会はとても盛り上がり、情報交換が上手くいったのではないか?と思います。皆様、お疲れ様でした












2017年12月5日火曜日

第3回勉強会&忘年会 のお知らせ

拝啓
暮秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は本技師会に格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 今年の締めくくりとして、勉強会&忘年会を企画させていただきました。 多数のご参加を心よりお待ち申し上げます。
敬具

日時:平成 29 年 12 月 9 日(土)受付 15:00  15:30~17:30

会場:ハロー貸会議室横浜関内(JR 根岸線関内駅北口3分)
横浜市中区羽衣町2-4-4 エバーズ第8関内ビル4階
アクセス
内容:会員による発表
1.「立位 X 線撮影における医療安全対策」
済生会横浜市南部病院 木本 大樹氏
2.「磁場強度の相違が VSRAD の Z 値に与える影響についてーVSRAD の基礎も含めてー」                                      
横浜栄共済病院 大山 薫氏
3.「Dose tracking system(DTS)を用いた経皮的冠動脈形成術後 の皮膚障害に関する検討」
横浜南共済病院 井上 和樹氏
4.「慢性血栓閉塞性肺高血圧症における肺血流シンチグラフィを用いた主肺動脈の推定」横浜市立大学附属病院 伊澤 光太郎氏


忘年会
日時:平成 29 年 12 月 9 日(土) 17:45~
場所:出雲(関内店)TEL 045-341-0207
横浜市中区羽衣町 2-6-7 ソシアルポート2F
        アクセス 会費:¥4,000
        ※お申し込みは終了致しました。
             

2017年11月16日木曜日

横須賀三浦放射線技師会ボーリング大会

横須賀三浦放射線技師会村雲様より、標題のご案内がありました。
当会会員で申し込み希望の方は、事務局松田までメールにて11月24日(金)までに申し込みください。
横浜南部地区放射線技師総務


2017年10月27日金曜日

横浜南部地区放射線技師会平成29年度第3回勉強会演題募集のお知らせ

平成29年10月20日
会員各位                                                     横浜南部地区放射線技師会 会長 泉 和弥

横浜南部地区放射線技師会平成29年度第3回勉強会演題募集のお知らせ

平成29年度第3回勉強会を下記の要領で開催します。
今回もテーマを決めず『フリー』(一題20分 質議応答込)で募集いたします。
皆様から多数の応募をお待ちしております。

記 期日:平成29年12月9日(土)
受付15:00 勉強会15:30~16:30
場所:ハロー貸会議室横浜関内(エバーズ第8関内ビル4階)
応募〆切:平成29年11月5日(日)

 多数の御施設からの演題をお待ち申し上げます。PC(利用プレゼンソフトはWindows Power Point)、およびPCプロジェクターはこちらで用意します。 当日PCプレゼンテーションをご希望される方はUSBメモリにて御持参ください。

応募御希望の方は事務局までご連絡ください。
事務局 済生会横浜市南部病院中央放射線部 松田宛 ☎045-832-1111内線260

E-Mail matsuda-hideto@jcom.zaq.ne.jp

2017年10月18日水曜日

今日はウィリング上大岡で第2回総合画像研究会でした。約25名ほどの参加でした。木口さんからは、副腎静脈サンプリング:Adrenal Venous Sam- pling AVS 前検査の一例ということでお話をいただきました。副腎静脈を描出するタイミング、解剖など詳しく説明いただきました。VRを作成するのは簡単だが、元画像で副腎静脈を含む解剖を理解するのに時間がかかるというとでした。
高橋からは肝膿瘍と脳膿瘍を発表させていただきました。リング状濃染、拡散強調画像で高信号、MRSの特徴をお伝えしました。起因菌は勉強しておきます。最後は池谷さんから、ステントグラフト術のリークを4D CTで描出する試みを発表くださいました。約20秒程度で、自由呼吸下で撮影したということでした。とてもわかりやすい画像でした。次回は12/9(土)勉強会&忘年会です。是非多数の参加宜しくお願いします。



2017年10月11日水曜日

神奈川県医療専門職連合会 市民公開講セミナー

「仮想現実VR/拡張現実AR/複合現実MRによる
次世代臨床画像診断と手術支援」
 
講師:国際医療福祉大学 国際福祉学研究科 
    准教授 杉本真樹 先生
 
日時:平成29年11月24日(金)19時00分~
場所:横浜情報文化センター 6階情文ホール
入場無料です

2017年10月1日日曜日

第13回放射線災害時のスクリーニング作業の実際について

第13回放射線災害時のスクリーニング作業の実際について

(実践講習会) 主催 横須賀三浦原子力災害特別派遣チーム 神奈川県放射線管理士部会 (公社)神奈川県放射線技師会災害対策委員会 

本年度も標記講習会を、横須賀三浦原子力災害特別派遣チーム、神奈川県放射線管理士部会、神奈川県放 射線技師会災害対策委員会との共同開催にて、下記により開催致します。 つきましては、ご多用な折恐縮ですが、多くの方のご参加をお願い申し上げます。

記 日時:平成29年12月16日(土) 15:00~18:10
場所:横須賀共済病院5階講堂 参加費無料
受付開始:14:30 (横須賀共済病院へのアクセス

プログラム
 1部:講演(15:00~16:50)
司会 NASチーム・横須賀市保健所 井上晴行
 ① 大規模災害が発生したとき診療放射線技師に何ができるか
15:00~16:00(60分)
~過去の経験を無駄にしないために~ 神奈川県放射線管理士部会
川崎市立川崎病院 小野欽也
② 災害時に放射線技師として必要な基礎知識 16:00~16:50(50分)
1.サーベイメータの使用方法 NASチーム・横須賀市立うわまち病院 小林輝雄
2.距離による遮蔽 NASチーム・横須賀共済病院 大石小太郎
3.放射性物質に汚染した時の除染方法 NASチーム・横須賀市立市民病院 田島尚人 休憩(16:50~17:00) 

2部:実践演習(17:00~18:10)
司会 NAS チーム・横須賀市保健所 井上晴行
 ① タイベックスーツの着用方法&実践(30分) NASチーム・横須賀市立市民病院 林 駿志
 ② セグメント法について&実践(40 分) 神奈川県放射線管理士部会 (セグメント法実演動画あり) NASチーム・済生会横浜市東部病院 橋本輝美 以上

※ご注意※ 上記のプログラムは変更されることがあります。横須賀三浦放射線技師会のホームページ での記載が最新版となります。ご了承のほどお願い致します。 メールにて事前申し込み(JART No.、所属施設名、氏名、の記載を必須とさせていただきます)をお願 い致します。

申し込み先、問い合わせは、NASチーム mail: nas.hibaku001@ymart.jp 尚、講習会参加者には、JART 生涯教育カウントが付与される予定です。

2017年9月27日水曜日

10/10(火) 4D-CT勉強会

表記の日程、内容で
神奈川県立循環器呼吸病センター2F講義室
にて勉強会を行ないます。
是非お誘い合わせの上参加ください。